トリキュラーは着床を防ぐ避妊目的の低用量ピルです

「トリキュラー」は、低用量ピルの一つです。低用量ピルは、望まない妊娠を防ぐ際に服用する、避妊目的の避妊薬です。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストゲン)という2つの女性ホルモンが含まれており、この2つが脳下垂体に働きかけて、排卵を抑制して着床を防ぐ作用を持っています。用法通りに正しく服用することで効果はほぼ100パーセントに近い確率で、妊娠を防ぐことが可能です。
トリキュラーなどの低用量ピルは、避妊も防ぐだけではなく、月経困難症や月経不順や月経前症候群、子宮内膜症や子宮がんのリスクを抑制するなど、婦人科系の疾患に対しても、効果が期待できます。
低用量ピルは、産婦人科などの専門医療機関で処方してもらうことが可能です。28日間を1クールとして考え、21日間はホルモン剤が含まれているものを服用して、残りの7日間は休薬期間とします。このサイクルを継続して服用します。28日タイプと21日タイプのものがあり、28日タイプは21日間はホルモン剤が含まれたもの、残り7日間は飲み忘れの内容に偽薬が7日間となります。21日タイプのものは21日間がホルモン剤が含まれており、残り7日間は自分で管理します。
ピルが全くの初めての方は、トリキュラーを処方されるケースが多いです。トリキュラーは、三相性タイプのピルで、服用する日数の順を追って、ホルモン量が変わります。三相性タイプのピルは、女性本来の自然なホルモンバランスに近くなるように、成分3段階に変化するようになっているので、初心者向けの低用量ピルとして、最もよく使用されるのです。そのため、服用する順番を間違えると、効果が薄くなので、注意が必要となります。