1度使ったピルは通販で買うのがお得

日本でピルを服用しようと思うと、ドラッグストアなどでは取り扱われていないため、レディースクリニックで診察や検査を受ける必要があります。低用量とはいえ、ホルモン剤を服用することには変わりないので、既往症などによっては服用できない場合もあり、きちんとした婦人科検査や血液検査は受けておきましょう。

ピルにはいろいろな種類があり、体質によって、合う、合わないもあるので、飲み始めてみてから体調に著しい不調が現れてしまった場合には、種類を変えてもらう必要があります。ニキビができる、吐き気がする、不正出血が出るなどが見られても、ピルが身体に慣れて来ればそういった症状が落ちつくこともありますが、どうしても不具合が気になる場合には、遠慮せずに医師に相談しましょう。

ただ、病院での処方となると、自由診療扱いとなるので、かなりの費用がかかってしまいます。ピルは毎日服用するものなので、こういった消耗品に高額なコストと通院という手間をかけるのは賢明ではありません。

自分の身体に合うピルが見つかれば、次回からは通販サイトで直接買いつける方法がお勧めです。国内で流通しているピルは、海外の製薬会社が開発、販売しているものが大半なので、病院を介さずとも、個人輸入で直接買うことが出来ます。

ピル処方は自由診療となるので、各病院が自由に価格を設定できます。その為、同じ種類でも病院により値段の差があり、一か月分しか出してくれないところ、数か月分まとめて処方してくれるところといろいろです。

しかし、ピルは病院処方より通販が経済的です。個人輸入代行をしている通販サイトでは、定価で販売されているので、病院処方の半値以下で買うことが出来ます。診察料や検査料、お薬指導料などもすべてカットできるので、純粋に薬代だけで済み、かなり安価で手に入れられます。

通販サイトによっては、まとめ買いができるところもあり、この場合、一か月分の単価がさらに割り引かれるので、日本では高額なピルが、千円以下で買えることもあります。毎日消費していくものであり、一日として切らしてはいけないものなので、ぜひ、まとめ買いをしてストックしておきましょう。

ただ、通販でピルを買う場合、注意をしなければならないが、正規のルートで本物の医薬品を輸入しているサイトを見極めることで、ネット通販サイトの中には、偽物を売りつける悪質業者も存在します。偽物を服用してしまうと、避妊効果が得られないばかりか、健康被害を被ってしまう危険もあります。

あんしん通販薬局なら、本物をリーズナブルな価格で代行輸入してくれるので、安心して利用できます。個人輸入代行業の実績も豊富な、口コミ評価の高いあんしん通販薬局なら、スピーディに配送してもらえます。